タンパク質と美肌の関係

お肌や髪の毛は、タンパク質からできていると言っても過言ではありません。
人間の体は6割が水分で2割はタンパク質からできています。
ですから、ダイエットのために食事制限をした際にタンパク質が不足すると、肌がガサガサになってしまう原因になります。
美肌を維持したいのであれば、高価な基礎化粧品も良いのですが、しっかりと良質なたんぱく質を摂るように心がけましょう。
タンパク質は、ホルモンや神経系を正常に働かせることにも関係しているので、タンパク質が不足すると、体にいろんな不具合が生じます。
タンパク質には、卵、肉、魚、大豆、乳製品などさまざまな食品があります。
ダイエットに気を付けながら美肌を維持するためには、脂質を控えめにして良質なたんぱく質を摂るのがお勧めです。
たとえば、鶏肉のささみや胸肉などは脂肪分が少なく良質なたんぱく質を摂取することができます。
大豆食品は、女性ホルモンと同じような働きを持つと言われています。
美肌にももちろん有効ですが、バストアップや女性らしさを引き出すことにも効果を発揮します。
ヨーグルトは、良質なたんぱく質、カルシウム、乳酸菌を摂取できるのでとても美肌に良いです。